×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Migemize Windows

Migemo のすばらしさを Windows 上で


後継ソフトウェアはじめました

後継の UIAssistant を公開しました。今後はそちらに注力します。
u338steven/UIAssistant: Assist UI for Windows
UIAssistant を公開(Hit-a-hint とか) - B(ug)log

また、Migemize Windows は今後メンテナンスする予定はありません。

Migemize Windows とは

Q. Migemize Windows の目的って何?

A. ウィンドウ内の 「あれ?どこにあるんだっけ?」 を "できるかぎり" 解消することです。

Q. どうやってそれを解消するの?

A. テキストエディタの検索機能のようなイメージで、ウィンドウ内の "モノ" を検索することで解消します。

Q. "モノ" って何?

A. テキストや、メニュー、ツールバー、リボン UI の要素など、ウィンドウ内にある要素のほとんどを指します。

Q. 検索した後は?

A. 検索した "モノ" の場所を枠線で示したり、選択したり、実行することができます。

以下に 3 種類の動作イメージを示します。

動作イメージ その 1 (コマンド検索モード)

例えば、下図のウィンドウで、「"タイムズームの拡大" の機能ってどこにあるんだっけ?」という状態になったとします。
普通であれば目視で探すと思いますが、"モノ" が多いのでシンドイです。

動作イメージ その 1_01

そこで Migemize Windows を起動して、リボン UI 内の検索を開始してみましょう。
すると、最初は以下のように リボン UI 内のコマンド一覧が表示されます。
# その際、実行不可のコマンド(無効なコマンド)は通常とは別の文字色で表示されます。
# 下図のクイック アクセス ツール バー | やり直し が、それです。

動作イメージ その 1_02

"タイムズームの拡大" を探すため、taimu と打ちこみます 1
すると、以下のように検索結果が絞り込まれます。
表示 | タイムズーム | 拡大となっているので、"表示" タブにあることがわかります。

動作イメージ その 1_03

そして Migemize Windows 上で 表示 | タイムズーム | 拡大 を選択して実行すると……

動作イメージ その 1_04

実際に拡大ボタンを押したときと同じ動作をします。

動作イメージ その 1_05

この、実行可能なコマンドを検索するモードを コマンド検索モード と呼びます。
このモードで検索対象となるのは、メニュー、ツールバー、リボン UI です。

動作イメージ その 2 (テキスト検索モード & 展開)

以下のような設定画面があったときに、
「"ホイール操作"の設定を変えたいんだけど、どこ?」 と思ったとします。
普通であればタブを一つ一つ切り替えて探すことになります。シンドイです。

動作イメージ その 2_01

そこで Migemize Windows を起動して検索します。
まず、hoi-ruと入力して絞り込みます。
すると、名称の末尾に>がついているものがあります。
これは、 "モノ" が子の要素を持っていることを示していて、子の要素を列挙する 展開 という操作が可能です。
「全般タブにある "ホイール操作した時横スクロールする"、これを展開してみよう」 と思って展開してみると……

動作イメージ その 2_02

タブが"全般"に自動で切り替わり、選択した "モノ" (今回はコンボボックス)の中の要素が表示されます。
CONTROL キーを選択して、実行してみます。

動作イメージ その 2_03

すると、以下のように検索した "モノ" の場所が枠線で示されます。

動作イメージ その 2_04

この、ウィンドウ内の文字列を検索するモードを テキスト検索モード と呼び、
検索した "モノ" の子の要素を検索することを 展開 と呼びます。
# 展開はテキスト検索モードだけでなく、コマンド検索モードでも使用できます。

動作イメージ その 3 (リスト内検索モード)

特定のコントロール内のみを検索するモードを リスト内検索モード と呼びます。
検索範囲が絞られるので、動作が一番軽いという特徴があります。
以下は、コンボボックス内を検索している例です。
han と入力して、"角空白" が結果として選択されています。

動作イメージ その 3_01

以下は、テーブルを検索している例です。
gene と入力して、"GenerateMember" が結果として選択されています。

動作イメージ その 3_02

また、このモードでは、エクスプローラ上で表示されているファイルの検索や、
ファイル検索ソフトの Everything との連携ができます。


特徴

特殊なウィンドウだと、検索できない場合があります。
(例えば、ブラウザなど独自のウィンドウを用意しているアプリケーションなど)

Emacs / Vim に詳しい方向けに説明すると、
ウィンドウ内の様々な要素を検索対象とした Anything / helm / Unite の劣化版みたいなものです。

あるいは、アプリケーション限定にした Ubuntu Unity の HUD の劣化版とも言えるかもしれません。
# どれもすばらしいインタフェースなので、気になる方は検索してみてください。


ダウンロード


動作条件

Windows10(64bit), Windows 7 SP1(64bit) でのみ動作確認しています。
※ Windows 7 以前でエクスプローラ上でのみ使用するのであれば、MigemizeExplorer の使用をおすすめします。

Windows 7 より前の OS の場合

Windows 7 より前の OS の場合は、下記のアップデートが導入できれば動作すると思います。

上記を導入可能なOS:


インストール

インストール方法

ダウンロードしたファイルを解凍後、作成されたフォルダごとお好きな場所に配置し、
そのフォルダ内に C/Migemo の migemo.dll と dict フォルダを配置してください。

注意事項:

アンインストール方法

ログオン時に自動起動させている場合は、タスクトレイアイコンを右クリックし、
「ログオン時に自動起動する」をクリックして、チェックをはずした状態にしてください。
その後、フォルダごと削除してください。

使用方法

MigemizeWindows.exe を実行すると常駐します。
可能であれば、管理者権限有りでの起動が推奨です。
終了はタスクトレイアイコンを右クリックし、終了(X)をクリックしてください。

ログオン時に自動起動させたい場合は、タスクトレイアイコンを右クリックし、
「ログオン時に自動起動する」をクリックしてチェックがついた状態にしてください。

詳細な操作方法は、下記、操作方法をご覧ください。


操作方法

各モードの起動方法

括弧内は、デフォルトのキーバインド。

コマンド検索モード / テキスト検索モード での操作方法

操作の流れ

  1. ホットキーで検索開始
  2. 文字列を入力して絞り込み
  3. 絞り込んだ結果が複数あったら選択する
  4. 選択したものを実行/展開する

検索キーワード入力時のキーバインド

括弧内は、デフォルトのキーバインド。 Ctrl+○Alt+○の方のキーバインドは変更できます。

リスト内検索モード での操作方法

操作の流れ

  1. 検索対象となるコントロールにフォーカスを合わせる
  2. ホットキーにて Migemo 検索開始
  3. 検索キーワードの入力
  4. 検索結果が複数あった場合、矢印キー等で次の候補を表示

検索キーワード入力時のキーバインド

括弧内は、デフォルトのキーバインド。 Ctrl+○の方のキーバインドは変更できます。

操作例

コンボボックス内を検索したい場合の例

  1. コンボボックスをクリック等してアクティブにする
  2. Alt+L を打鍵して Migemo 検索開始
  3. 検索キーワードを打鍵
  4. 検索結果が複数あった場合、矢印キーで目的の項目を探す
  5. Enter で確定

Everything との連携

連携方法

Everything の検索エディットボックスにフォーカスがある状態で、

Everything との連携 01

Migemize Windows を起動 (デフォルトのホットキー:Alt+L)

Everything との連携 02

その後、キー入力すると、Everything の検索エディットボックスに自動で文字列が挿入されます。
(例として kou と入力)

Everything との連携 03

検索結果が出力されたら、Enter なり Esc で Migemize Windows による検索を終了してください。

使用時の注意:

連携動作確認済みの Everything のバージョン


カスタマイズ方法

ホットキー、フォントや配色などをカスタマイズできます。
タスクトレイアイコンを右クリックして設定(S)をクリックすると、
設定ウィンドウが表示されますので、お好みに変更してください。

以下のようなことができます。

カスタマイズ方法


トラブルシューティング

起動しない

「サーバーから紹介が返ってきました」というエラーが表示される

MigemizeWindows.exe のプロパティで以下のように「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックしてください。

管理者として実行0

管理者として実行1

その他のエラー

動作条件を確認してください。

検索できない要素がある

2 つ理由が考えられます。

ホットキーで起動した時、検索対象ウィンドウのタブが勝手に切り替わっていく

全部の要素を取得するために必要なので、そういった処理をわざと入れています。
タブを切り替える際に何か特殊な処理をしているアプリケーションでないかぎり、 通常は問題ありません。

ウィンドウを切り替えたら、Migemize Windows のウィンドウが消えた

Migemize Windows が他のウィンドウの背面に回った場合、自分のウィンドウを閉じるようにしています。
ウィンドウを残すようにすると、不慮の事故が起こる可能性があるためです。
たとえば、検索対象にしていたウィンドウの状態が変わってしまい、存在しなくなったボタンを実行しようとしたり等


既知の駄目なところ

リボン UI の要素は Ctrl+○ 形式のショートカットキーを取得できない

Windows Automation API で取得できないので、他の取得方法を知っている方がいたら教えていただきたいです。
# 個人的に一番どうにかしたいポイントです

テキスト検索モードで検索した "モノ" の場所が枠線で表示されない

おそらく、スクロールしないと見えない場所に "モノ" があるのだと思われます。
要素が画面内に入るように自動でスクロールする実装をしていますが、
スクロールできない場合もあります。(例えばラベルが検索対象の場合とか)


更新履歴

Version.1.0.66.18

Version.1.0.65.17

Version.1.0.62.14

Version.1.0.61.13

Version.1.0.58.10

Version.1.0.57.9

Version.1.0.56.8


  1. タイム ではなく taimu でいい理由は、Migemo による検索を行っているためです。 

  2. Migemo はローマ字のまま日本語をインクリメンタル検索するためのツールです。
    link: Migemo: ローマ字のまま日本語をインクリメンタル検索 

Site content copyright 2013-2015 u338.steven / Color scheme: Solarized / CSS: Solarized CSS